読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椎名林檎のライブ

椎名林檎のワンマンライブには毎回行っている。ライブ映像作品も必ず買う。近年の映像作品を挙げると、こんな感じだ。

事変解散後の初ソロ名義ホールツアー。大まかには事変+管楽器という構成。

WOWOWで放送されたが、作品化されていない。2017年5月に円盤化されることが決定した。実演から2年越しの商品化である。

 

  • 林檎博14 年女の逆襲(2014) アリーナ

さいたまスーパーアリーナ大阪城ホール・福岡マリンメッセのアリーナ級3会場での公演。直前に5thアルバム「日出処」が出ており、セトリはこれが中心。楽器の構成はボンボヤージュと近く、バンド+オーケストラという感じ。ただ、事変はもう解散しているのでメンバーは異なる。ダンサーはAyaBambiの二人。一番好きな曲は私の愛するひととマヤカシ優男。

 

  • ちょっとしたレコ発(2014)

名前の通り大さん橋ホール(神奈川)とサンケイホールブリーゼ(大阪)の2ヶ所のみの公演。大さん橋ホールは大掛かりな舞台演出ができる会場ではなく、演出は照明くらいの小規模なものだった。ちょっとした感が出ていたと思う。ホリゾントに映像が流れることもなかった。個人的に一番好きな曲は私の愛するひと。

百鬼夜行と同じくWOWOWで放送されたが、映像作品になっていない。

 

  • 党大会(2013) ホール(会場の規模的には)

オーチャードホールでの公演。このホールは普段クラシックやオペラの公演に使われているようで、名前くらいは聞いたことはあったが、私にはまったく縁がなかった。このコンサートで行く機会ができて良かったと思う。電子楽器がまったく使われていないのが特色(楽器にマイクがついているけど)で、演奏家はバイオリン2名、ビオラ、チェロ、コントラバスアコーディオン、ハープ、ドラム、ピアノの9名。全然詳しくないけど激しい室内楽って印象。バンドサウンドとは全然違うので盛り上がりにくかったかもしれない。ノリノリで聴くような会場でもないので、林檎も2曲目で座って聞いていただいてかまいませんと着席を促していた。公演初日のお客さんが戸惑っていたからかもしれない。個人的に一番好きな曲は熱愛発覚中。中田ヤスタカのアレンジとはまったく別の曲に聴こえて面白い。どちらのアレンジも好きだが、私はこちら派。全体的に過去の作品の売笑エクスタシーに近い。

 

  • Bon voyage (2012) アリーナ

林檎が率いていたバンド、東京事変解散ライブツアー。収録されたのは武道館での公演。事変メンバーの楽器+オーケストラの編成。おなじみの斎藤ネコによる指揮。オーケストラが入っているのでゴージャスだが、ストイックなバンドサウンドを求める人には派手すぎるかもしれない。林檎の衣装も全体的に派手。事変最後のアルバムであるcolor bars収録曲がすべて披露された。事変・林檎の映像作品でわっちとトシちゃんがまともに歌っているところが見られるのはこれぐらいしかないと思う。個人的に一番気に入っている曲は御祭騒ぎ。ダンサーはイデビアン・クルー

 

  • Discovery(2011) ホール

 東京事変の5thアルバムを引っ提げての全国ツアー。公演数が一番多い。私も2回行った。一番好きな曲はカリソメ乙女。もともと好きな曲だというのもあるが、何回アレンジされてもいい。特にキーボードがとてもかっこいい。

失敗の悪循環

私は逃げ癖の強い完璧主義者だ。完璧主義というと何でもきっちりしないとすまない神経質な人というイメージがあるが、私の場合は違う。怠け者で、締め切りはいつもギリギリ、あらゆることが適当だ。一体これのどこが完璧主義なのか。調べると、完璧主義者は完璧にこだわるあまり、完璧にできそうにないことは最初からやらないという傾向があるだそうだ。まさに私のことである。

要するに理想が高いのだ。ああしよう、こうしようといつも考えている。考えてはいるが、実現しない。うまくできそうにないことにはやる気が起きないからだ。そして意志が弱くうまくいくよう努力する気力に乏しい。

私のような完璧主義者というのは、自分に過大な期待を抱き、プライドが高い。いい言い方をすれば向上心が高いとも言えそうだが、実際は言い訳ばかりして何も成し遂げていないただの怠け者である。

私の場合小心者という性質もある。やってみたがうまくできなかった、という経験を覚えていて、またあのようになるなら最初からやらない方がいいと考える。もともと行動的ではないのに、過去の失敗が頭をよぎってますます消極的になる。プライドを捨てなければならない。

ソングライター椎名林檎

椎名林檎が自分はもともと裏方志向だと言い始めたのがいつごろだったのか正確には分からない。2009年のSONGS出演時には「すごくうまい歌手が出てきて私はその人に曲を書くことが夢だった」と発言している。多分昔からそれなりに裏方業にも関心があったのだと思う。ここ数年かなり活発に他アーティストに曲提供を行っている。夢が叶ってよかったと思う。私は林檎の一番の魅力は作曲センスだと思ってファンをやっているのでそれが評価されるのは嬉しい。いろいろな歌手の声で林檎の曲を堪能できるのは楽しい。林檎の歌唱は普段から聴きまくっているので他の人の声は新鮮だ。あとは、忙しいのだとは思うができればライブもやってほしい。

計画を立てるのは苦手

小学生の頃、夏休みの計画を立てろと言われ、上手くできずに癇癪を起こしたことがあった。あのときのことを思い出すと今でもムシャクシャして気分が悪くなる。計画を立てるなんてのは誰でもやっていることなのに、私は計画と聞いただけで暗い気持ちになる。逃げ出したくなる。思えば、受験やら何やら計画を立ててコツコツやっていく必要があることは大抵短期集中かつ行き当たりばったりで乗り切ってきた。今まではそれで何とかなったが、これからはその手は通用しない気がする。今後、自分は何かとんでもない大失敗を犯して、人生半分終了、みたいな事態に陥ってしまうような気がする。どうしてこんなに計画を立てることが苦手なのか、自分でもよく分からない。

綺麗な字

小学生時代、漢字相撲というテストがあった。最高得点をとった生徒から、横綱大関、関脇、小結と相撲の番付のようにランクづけされるのが特徴の20問くらいの漢字の書き取り問題であった。勉強すれば満点は簡単に取れるので、正答数のほかに字の美しさも評価されていた。私はなんとしても横綱になるため、毎回自分の書きうる最も綺麗な漢字を書いていた。綺麗な字を書くことは私にとっては大変骨の折れる作業で、小学生時代はこのテスト以外で綺麗な字を書いたことはほとんどなかった。努力の甲斐あって一度だけ(僅差で)横綱になることができた。しかしすぐに2位に転落し、以後横綱になることはなかった。

 

現在、私の字は相変わらず汚い。小学生男子の書く字のようだ。大人になれば自然と綺麗な文字が書けるものと思っていたが、私はダメだった。ただ、手書きの字を人に見せることはほとんどないので、今あまり困ることはない。

毎日コツコツなんて…

ポケモンは好きだが、ポケモンGOはやっていない。あまり細かいゲームシステムは知らないが、歩き回ってポケモンを集めるというのは、出不精の面倒くさがりには手を出しづらい。

その代わりではないが、ポケとるをやっていた。

『ポケとる』公式サイト

スマホゲームといえば、テトリスのような超シンプルな王道パズルものくらいしかやったことがなかった。(あとは、ソリティア・麻雀みたいな王道テーブルゲームポケとるパズルゲームだが、バトルに勝つと次のステージに進み、どんどん敵が強くなっていくというRPG要素がある。そして何と言っても課金である。テトリスやらソリティアは大体課金要素なしのものが多いと思う。ポケとるでは課金でホウセキが手に入る。ホウセキはそのままでは使えず、コインおよび体力と交換をする。コインはゲーム内での買い物に使い、体力はバトルをする度に消費される。私は完全無課金で遊んでいたのだが、一番きついのは体力だった。ハマっているときは10やら20の体力なんてすぐ使い果たしてしまう。早くつづきをやりたいのだが、体力は30分に1個のペースで最大5までしか回復しないため、次遊べるのは30分後、連続で5回までということになる。私はこの待たされる時間が我慢できず、しょっちゅうイライラしていた。そのうちステージが進んで難易度が上がり、何度やってもクリアできなくなった。確かステージ200だったが、そこで嫌になって止めてしまった。

 

今はミラクルニキという着せ替えRPGをやっている。こちらも課金でダイヤを買い、ゲーム内で体力やコインと交換をする。体力は5分に1個のペースで回復するが、1プレイで4個消費されるため、結局すぐなくなってしまう。ポケとるにはないガチャ要素もあり、少額だが課金もやってみた。一度課金をすると、また課金すればいいやと思ってついダイヤを消費したくなってしまう。が、何とか気持ちを抑え、体力がなくなったらしばらくゲームから離れることにした。多分、こういうアプリゲームはあまり課金をしない場合は一気に進めるなく、毎日空いている時間にちょっとずつやるものなのだろう。廃課金している人は、一日にどれくらい進むんだろうか。

我慢できないダメ人間

大学生になってから、我慢ができなくなった。もとから自制心は強くなかったが、以前はもう少し嫌なことに向き合っていた気がする。なんというか、忍耐力が落ちた。すぐ逃げて、ネットに走ってしまう。別にネット上で何か有意義なことをしているわけではない。ただの暇つぶしである。

要するにダメ人間なのだが、「ビョーキ」という便利な言い訳がある。「私はビョーキだから」と思えば自分の責任が軽減されるような気がするのだ。実際になんかの疾患だと診断されたわけではない。ただの怠け者である。

つい最近までこたつとベッドの往復生活をしていた。高校生の頃まともな時間に起きて電車通学していたのが信じられないような堕落ぶりで、こんな性格をどうにかしたいのだが、どうすればいいのかまったく分からない。